最新の演奏会情報は Facebook でもお知らせします ←←

ページ

2012年4月12日木曜日

3月のご報告

先月3月、男声合唱団銀河はたくさんの演奏機会に恵まれました。

まずは3月10日、PFK(Pray From Kobe)街頭ステージです。
当日は朝から終演まで、常にたくさんの方がおられました。
銀河の出番は昼過ぎでした。
『瑠璃色の地球』(松田聖子さんの歌)『虹』(曲:木下牧子 詞:高見順)を演奏させていただきました。
反響板なしの屋外で、マイクを使って、という慣れない環境でしたが、
好評をいただくこともでき、普段合唱を耳にしない方を含めて多くの方に聞いていただくこともできました。
瑠璃色の地球には,「朝日が水平線から光の矢を放ち」という歌詞があります。津波がやってきた海ですが、その海の向こうから次の朝日がやってくる、明けない夜はないといえるでしょう。虹には「人々の悲しいおもいが昇天して虹になる」という部分があります。何か感じ取っていただけたら幸いです。
その後合同演奏では、今回のために書き下ろされた石若雅弥先生作曲の『きぼうの唄』を含む全4曲を演奏いたしました。みんなが笑顔になれるような素晴らしい曲でした。
東北の方々へ気持ちをこめて歌いました。



続いて翌日の3月11日、“男たち、祈る”です。
宝塚ベガホールで開催いたしました。
全ステージ合同演奏という新しい試みのジョイントコンサートでしたが、
それぞれのステージでそれぞれの指揮者の引き出す音楽を楽しむことができたのではないでしょうか。3人の指揮者の飲み会での思いつきから始まった今回の演奏会でしたが、新しい可能性を感じる演奏会となりました。
その後のロビーコールや打ち上げも非常に楽しいものとなりました。
是非、どこかでまた集まりたいものです。
近畿大学文化会グリークラブ、合唱団天上花火(男声)、生駒倶楽部、メンネルコール―すっきゃねん―のみなさん、そしてピアニストの鹿島先生、市川先生、どうもありがとうございました!



そして、3月20日の三田ハモらっせです。

この催しですが、改めてみると全国男声声楽アンサンブルコンテストとなっています。
参加することができることに感謝を感じます。
こちらでは、『虹』(曲:木下牧子)と『Acsendit Deus』(曲:Jackson Berkey)を演奏しました。
昨年に引き続き優秀賞を受賞することができました!
来年こそは最優秀賞や大賞が受賞できるようにさらなる研鑽をつんでいきます。


盛りだくさんだった3月を終えると、4月です。
今月は、21日(土)にコーラスめっせへ出演させていただきます。
いずみホールで行われます『新しく生まれた曲のコンサート』出演ですので、
お時間のあるかたは是非おこしくださいませ。

☆★☆★4月21日(土)新しく生まれた曲のコンサート☆★☆★
 (18時30分開演、Vivo・はもーるKOBE・ボイスフィールド・Vine・銀河・女性指揮者の会が出演)
 銀河演奏曲目:
  ●無伴奏男声合唱のための シャガールと木の葉 より「歩く」北川昇作曲
  ●「Keep Your Lamps」Timothy C. Takach編曲 ※日本初演
  ●男声合唱・ソプラノ・ピアノのための
          「君死にたまふことなかれ」石若雅弥作曲 ※男声版初演

0 件のコメント:

コメントを投稿