記事一覧

Friday, January 8, 2021

ピコ太郎様よりメッセージをいただきました!

新年あけましておめでとうございます。

2020年の銀河は「リモート宅録」を中心に活動し、これまで7本の動画をYouTubeにアップロードしました。


そのうち、9月公開の「GAUDETE!」は神奈川県リモート合唱コンクール2020にて【最優秀賞】を受賞。

また11月公開の「PPAP-2020-」はエイベックスの企画『合唱のアソビバ」課題曲B部門にて【最優秀賞】を受賞いたしました!


そしてこのたび銀河の作成した「PPAP-2020-」について、

シンガーソングライターのピコ太郎様ご本人よりメッセージをいただいております!


―――

男声合唱団銀河の皆さん


「PPAP-2020-」の合唱動画、見ましたピコ!!

素晴らしいでしたピコ!!

クラシカルでゴスペル的で感動しましたピコ!

いろんなアレンジのPPAPを聴いてきたけど、

このアレンジは聴いたことなかった!

初体験ですぴ!

優勝ピコ!優勝!!

―――



改めまして、YouTubeチャンネルの視聴および登録をお願いいたします!

https://youtube.com/user/GingaMaleChoir


リモート宅録動画の最新作も現在作成中です。ご期待ください!!

Saturday, December 5, 2020

レパートリー交歓会のご報告

 この度、銀河含めて5団体でレパートリー交換会を開催しました!

銀河としての生の本番は、半年以上ぶり?で久しぶりに拍手も頂けてとても楽しい舞台となりました!!

これまでリモート宅録での活動を続けてきましたが、聴き手の反応を感じれるこのレパ交が実現できてよかったです。

舞台での本番はその場その場の瞬間芸術であると私は思っています。

歌いながら上手くいかないところがあればその場で修正していくところに面白みがあり、それこそがアンサンブル力だろうと思います。

また、聞いてくださっているお客様の反応をみながら歌えることの楽しさや有り難さを改めて感じる1日となりました。

お客様の笑顔や、音楽にノッてくれてる姿、拍手、すべてが懐かしく歌いながら感動していました笑

生の合唱でしか感じることの出来ないこれらの感覚を少しずつでも取り戻していけたらなと思っています!!


今回のレパ交で苦労した点は、運営的な話になりますが、安心安全を配慮して企画、運営していくことです。

人と人の感覚をどれだけ空けるのか、換気や消毒などこのご時世ならではの課題は山積みでした。

今回の経験を糧にしてこの先の活動をもっと充実したものにしていけたらと思います。


これからもwithコロナでの活動を模索し、男声合唱団銀河らしく活動していきます!

リモート宅録プロジェクトも、生の演奏もたくさんの応援をよろしくお願いします!!

Tuesday, November 10, 2020

【最優秀賞受賞!リモート宅録第7弾!「PPAP-2020-」銀河ver】

 好評いただいておりますリモート宅録企画の第7弾!

「PPAP-2020ver-」(銀河ver) (原曲:ピコ太郎、編曲:亀井杏菜)

https://youtu.be/32GayGe8_ew

こちら#エイベのアソビバというYoutubeチャンネルのリモート合唱コンテストに投稿する動画として作成し、課題曲B部門で最優秀賞を受賞いたしました!


編曲はいつもお世話になっております亀井先生です!ポップな部分とメロディアスな部分が融合した曲調が銀河のサウンドにぴったりでした!

今回は映像もいつも以上に細部にこだわって作っています。

テーマはずばり 「バイキンをやっつけろ!」

手洗い、皿洗い、シャンプー、洗濯、ありとあらゆるものを「Wash」するというコンセプトで動画素材を撮影しました。(他にも様々な物をWashしています。何をWashしているか探してみてください!)

演出担当のKさんからは動画素材の撮影にかなり細かい指定が…多分、リモ宅録史上最もたくさんの動画素材を用意したと思います。

曲としての完成度はもちろんのこと、動画としても気楽にクスリと笑える内容になっていますので未視聴の方は要チェック↑↑

第6弾のGAUDETE ! に続く最優秀賞受賞!次回作も乞うご期待ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、PPAP-2020-動画の裏話を一つ

今回ブログ更新をしております私のこの動画での見せ所は、なんと言っても最初に石鹸を持って「I have a hand, I have a soap」のワンフレーズを歌うシーンでした。

動画にすると5秒程度のシーンですがこれがまー本当に難しかった………

なんと言っても動画も録音もインプットが指揮者からの「1番のソロをダンディーにお願いします^ - ^」(原文ママ)の一言「だけ」でしたから…。どういうものを用意するとかどういうカットにするとかの指定も一切なし。全てがこちらに任されていました笑(衣装は白Tシャツ固定)

(「バイキンをやっつけろ」のテーマでどうやってダンディさを出すんや…?)

正直、動画のカットを考えながら100回くらいこの言葉が頭によぎりました笑

「ダンディ」が分からなすぎて意味を国語辞典で調べたりもしました。

「[名・形動]男性の服装や振る舞いが洗練されていること。また、そのさま。」

調べれば調べるほどにテーマとの相性の悪さがすごい!!

衣装(白T)や基本的なアクション(Soapを持つ)は変えられないと思ったので、細部でのダンディさを追求することに。

・嫁の眉ペンを借りて眉を濃くして、輪郭にひげを書いてみる。見た目年齢+10歳。(あとで使いすぎて怒られた)

・キメ顔は少し横向きから目線を流してダンディな色気アピール。

・ダンディな紳士は「キ◯イキ◯イ」とかそういう浮ついたものは使わない。男は黙って牛乳石鹸。

ということで私なりのいろいろな試行錯誤の末、あの5秒ほどのカットができました笑

全体としては3分ほどの短い動画ですが、それぞれのカットの撮影には数時間に及ぶものもありそのわずか数秒をよりあつめて作ったのがこの動画になっています。

他にも数秒で通り過ぎるけどもよくみてみたらすごくこだわってるポイントが実はたくさんあるので、是非リピートして動画再生してみてください!

それではまた!